02 Ruby on Rails All in Oneコース

e-ラーニングプログラム

グローバル対応社員育成コース

Ruby on Rails All in Oneコース

プログラム一覧

導入事例ご紹介

導入事例1 IT企業編

IT企業にご導入いただいた
e-ラーニングの事例をご紹介

導入事例2 製造業編

製造業者様にご導入いただいた
e-ラーニングの事例をご紹介

海外進出を成功させるための人材づくり

海外進出する際のよくある課題

海外進出を成功させるために必要な人材とは

e-ラーニングを活用したグローバル人材育成

アジア進出・オフショアの今とこれから

  • 01ミャンマー編
  • 02フィリピン編
  • 03ベトナム編

御社独自のe-ラーニング教材を制作しませんか

e-ラーニング販売パートナー募集

02 Ruby on Rails All in Oneコース

講座の目的

  • Ruby言語の基本を知る。
  • Ruby on Railsで簡単なWebアプリケーションを作れるようになる。
  • Ruby技術者認定試験(Silver)資格取得のポイントを学ぶ。

受講料と受講時間

■受講料:200,000円/1人(税込)
※部分的な受講も可能です
(Ruby:73,000円 RubyOnRails:73,000円 Ruby技術者認定試験(Silver)対策:55,000円)

講座の概要

Ruby開発現場で通用する技術力を身に付けるために必要となる人材を育成することを目的とした講座です。

Rubyコース:4時間

■Ruby概要:Rubyの特徴、Rubyの実行環境、プログラムの実行、Rubyのドキュメント
■Ruby基本文法:基本データ、変数/定数、制御構文、例外処理/大域脱出
■メソッド:メソッドの定義と実行、引数、メソッドの返り値
■クラスとオブジェクト:基本クラス、クラスの定義、クラスの継承、クラス変数とクラスメソッド
■モジュール:モジュールの定義、Mix-in
■標準ライブラリ:数値、文字列、配列、ハッシュ、シンボル、入出力

Ruby on Railsコース:4時間

■Ruby on Rails概要:Ruby on Railsとは、MVCアーキテクチャ、Railsコンポーネント、Bundler、アプリケーションの起動と終了、scaffoldジェネレータ
■コントローラとビュー:コントローラとアクション、ルーティング、テンプレートの書き方、レイアウトテンプレート、部分テンプレート
■データベースとモデル:テーブル構成、モデルの雛形作成、マイグレーション、初期データの投入、バリデーション、コールバック、スコープ
■ログイン認証:ログイン画面の作成、セッション管理、フラッシュ、フィルター
■テスト:テストコード、フィクスチャ、モデルのテスト、ヘルパーのテスト、コントローラのテスト、ビューのテスト、インテグレーションテスト
■モデル間の関連付け:関連付け(アソシエーション)、1対1の関連、1対多の関連、多対多の関連
■ActionMailer:メールの送信

Ruby技術者認定試験(Silver)対策コース:3時間

■Ruby技術者認定資格「Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver」試験対策

※上記内容詳細につきましては、変更になる場合がございます。

受講までの流れ

受講までの流れ_画像

講師プロフィール

小渕 一誠

講師① 写真

(株)サイバーミッションズエンジニア Ruby技術者認定試験Gold保有
1977年大阪生まれ。千葉大学情報工学科卒業後、株式会社サイバーミッションズに入社。システムエンジニアとしてソフトウェア開発業務に従事し、現在はRuby、Scalaなどアジャイル向けの言語を中心に開発を行っている。

COPYRIGHT © by GIC. All rights reserved.

BACK TO TOP